クレバリーホーム アキュラホーム 比較

クレバリーホームとアキュラホームを比較しました

ローコスト系ハウスメーカーの、クレバリーホームとアキュラホームですが、最近何かと話題のZEHについて、どのような違いがあるのか比較しました。

 

 

 

ZEHとはネットゼロエネルギーハウスの意味で、住まいの断熱性と省エネ性能を上げ、太陽光発電等でエネルギーを創ることにより、年間の消費エネルギーの収支をゼロにする住宅のことです。

 

 

 

断熱による冷暖房費の削減・HEMSやLED照明を使用することで省エネ・太陽光発電で電気を創る創エネが基本ですが、両社にはどのような付加価値があるのか調べてみました。

 

 

 

●クレバリーホーム

 

クレバリーホームでは「SMART EVERY ZERO(スマートエブリゼロ)」がZEH対応していて、断熱・省エネ・創エネの他にタイルを推しています。さすがタイルがウリのクレバリーホームです。

 

 

タイルとZEHが関係あるのかというと、耐候性・耐汚性・耐傷性に優れているため、メンテナンス費用を抑えることができます。

 

 

一般的な外壁のメンテナンス費用は、家を建ててから50年間で累計700万円くらいかかりますが、クレバリーホームは累計280万円くらいで済みますので、コストパフォーマンスに優れていると言えます。

 

 

●アキュラホーム

 

アキュラホームでは「ZEHの家」という、非常にわかりやすい商品がZEH対応しています。

 

 

元々断熱面では高性能グラスウールや高断熱サッシを標準仕様していますので、少しアイテムを変更したり追加するだけでZEH対応の家になります。

 

 

省エネ面ではオール電化にして、HEMSで消費電力の無駄をカットし、創エネ面では太陽光発電でエネルギーを創ります。

完全無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りプランがもらえます。↓クリック

関連ページ

クレバリーホームとアイフルホームを比較
クレバリーホームとアイフルホームを比較してみました。
クレバリーホームとユニバーサルホームを比較
クレバリーホームとユニバーサルホームを比較してみました。
クレバリーホームとレオハウスを比較
クレバリーホームとレオハウスを比較してみました。