クレバリーホーム 断熱材

クレバリーホームの断熱材について調べてみました

価格の安さと、メンテナンスがあまりいらないタイル外壁が人気のクレバリーホームですが、断熱についてはどうなのか調べてみました。

 

 

 

クレバリーホームは外壁、天井、窓、床に断熱材や断熱効果のある商品を採用しています。

 

 

 

外壁

 

外壁に100mmという厚さの無機質繊維系断熱材(グラスウールやロックウール)を充填し、外壁側には透湿・防水・遮熱シート、室内の壁側にはペーパーバリアシートを貼るので、水分が入る余地がありません。

 

壁の外壁側に貼る透湿・防水・遮熱シートは熱の放射を抑えるアルミニウムを採用していますので、夏は輻射熱を反射することで涼しく、冬は熱が屋外へ放射するのを抑えるので、屋内を暖かくしてくれます。

 

またペーパーバリアシートは気密シートのことで、壁の中の室内側に貼って気密性を高めています。なんとコンセントボックスにも丁寧に貼るので、断熱性は元より気密性も高めています。

 

 

天井

 

小屋裏は日差しの熱が溜まりやすいところですので、クレバリーホームはここにも断熱材を充填することで、熱が室内に伝わらないようにしています。

 

 

 

 

窓は意外に熱や冷気を取り込みますので、窓にも断熱効果のある商品にしないと家全体を断熱できません。

 

クレバリーホームの窓は、断熱と遮熱性能が高いアルゴンガスが充填されたLow-E複層ガラスを採用しています。

 

一般的な窓よりも熱放射量を約半分に抑えてくれますので、冷暖房効率を高めます。

 

 

 

 

床下には断熱性能の高いポリスチレンフォームを隙間なく施工しますので、屋内に外気の熱が伝わりません。

 

 

 

クレバリーホーム 坪単価|値引き交渉のポイントのTOPへ戻る

完全無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りプランがもらえます。↓クリック

関連ページ

クレバリーホームのメリット
クレバリーホームのメリットについて説明しています。
クレバリーホームのデメリット
クレバリーホームのデメリットについて説明しています。
クレバリーホームの全館空調
クレバリーホームの全館空調の評判について紹介しています。
クレバリーホームの住み心地
クレバリーホームの住み心地について説明しています。