クレバリーホーム デメリット

クレバリーホームのデメリットについて

坪単価が30万〜60万円台と安いのに、高級そうなデザインの住宅を建てる、クレバリーホームのデメリットを調べてみました。

 

 

 

・外壁について

 

坪単価の安さから外壁のタイルについて不安の声があるようです。

 

そもそもタイル外壁は、雨水や汚れ等にも強く、メンテナンスもあまり必要としないことからランニングコストを抑えることができますが、価格が高いというデメリットがあります。

 

大手のハウスメーカーは外壁は主にサイディング外壁が標準仕様ですが、クレバリーホームはタイルが標準仕様になっています。

 

標準仕様ということは、タイルの品質が悪いのかというと、自社開発・製造していますし、全商品を通じてタイル外壁を使用していますので、大量に製造するためコスト削減になり、価格を抑えることができるのです。

 

ただし、外壁全部をタイル貼りにしている商品は一部で、他の商品は1階がタイル貼り・2階はサイディング貼りとわけているものもありますので、きちんと確認しておいた方がよいです。

 

 

 

・フランチャイズについて

 

クレバリーホームは、フランチャイズ制を採用して全国展開しています。

 

地域の工務店がクレバリーホームに加盟登録することで、工務店は自力で宣伝する必要はなく、企業側も商品が売れれば地域で知名度があがるため、双方にメリットがある反面、工務店によっては力量に差があるのではないかと言われます。

 

 

口コミを調べてみると、「営業マンの対応が親切丁寧で信頼できた」、という意見と「何もわかっていない営業マンで不安になった」という意見もありますので、事前に工務店の施工実績を調べた方がよいかもしれません。

 

 

 

クレバリーホーム 坪単価|値引き交渉のポイントのTOPへ戻る

完全無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りプランがもらえます。↓クリック

関連ページ

クレバリーホームのメリット
クレバリーホームのメリットについて説明しています。
クレバリーホームの断熱材
クレバリーホームの断熱材や断熱性能について説明しています。
クレバリーホームの全館空調
クレバリーホームの全館空調の評判について紹介しています。
クレバリーホームの住み心地
クレバリーホームの住み心地について説明しています。