クレバリーホーム 全館空調

クレバリーホームの全館空調の評判について

全館空調とは、天井や壁にダクトを張り巡らせ、ボタン一つで家中の室温を同一にできるシステムのことです。

 

 

換気や湿度を一定に保つことのできる機能もあり、梅雨時の嫌な湿気や冬の結露、あるいは乾燥やヒートショックを未然に防いだりといいことばかりの全館空調ですが、クレバリーホームにもこの全館空調システムがあるのか、調べてみましたが特にないようです。

 

 

クレバリーホームの親会社・新昭和の直営ブランド・ウィザースホームには「AIR VERY(エアヴェリー)」という全館空調・24時間計画換気システムがありますが、クレバリーホームには全館空調システムではなく、PM2.5全熱交換型24時間換気システムがありましたので、そちらを紹介します。

 

 

 

全熱交換型換気とは通常、換気を行うと室内の空気だけではなく、熱も一緒に屋外に排出されますが、熱交換は屋内の汚れた空気を排出する際に、屋外からの新鮮な空気に熱を受け渡して、室内に入るので、室内の温度はあまり変わることなく換気ができますので、冷暖房費の削減になり、電力消費量を約75%もカットします。

 

 

 

この換気を24時間運転するシステムを、クレバリーホームでは標準仕様になっています。

 

 

 

さらに花粉やウィルス、PM2.5の黄砂やカビの胞子等を除去する高性能なフィルターを搭載しています。

 

 

 

 

また、高気密高断熱の機能が進む一方で、ホルムアルデヒド等のVOC(揮発性物質)が原因のシックハウス症候群が増加傾向にあります。他に家具の下地材やカーテンやじゅうたんにもVOCを含んでいるものもありますので、24時間換気は必ず常時運転することで対策になります。

 

 

 

クレバリーホーム 坪単価|値引き交渉のポイントのTOPへ戻る

完全無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りプランがもらえます。↓クリック

関連ページ

クレバリーホームのメリット
クレバリーホームのメリットについて説明しています。
クレバリーホームのデメリット
クレバリーホームのデメリットについて説明しています。
クレバリーホームの断熱材
クレバリーホームの断熱材や断熱性能について説明しています。
クレバリーホームの住み心地
クレバリーホームの住み心地について説明しています。